ディレーラーエンド、まがってませんか?

「リアディレーラーの調子がおかしいのでなおしてください」とのご依頼です。

自転車の転倒後に、変速がスムーズにいかなくなった場合はリアメカかエンドの変形が原因です。
下の写真のように真後ろから見ると、リアメカのプレートが斜めにまがっているのがわかります。
こんな状態でローギアに入れたとき、プレートがスポークに干渉してカタカタ鳴ったり、チェーンがトップギアに落ちなかったりすることも。

たとえ走れたとしてもいずれプレートがスポークにくい込んで、ホイールが破損することもあるので、早目に修理することをおすすめします。
破損ですむくらいならいいですが、後輪がロックして転倒しケガすることにもなりかねません。

(少しぐらいのまがりだったら、トップとローのアジャストボルトで調整ができますが、シフトするときに異音がしたりスムーズにいきません)

こちらの修理の場合はエンドのまがりが原因でした。
チェーンがトップの位置だと、かすかですがエンドにあたっているのがわかります。

さてエンドの修正ですが、クロモリフレームの場合はエンド修正工具を使います。
この工具はクロモリ専用でアルミなど他のフレームには使用できません。
(アルミフレームの場合はディレーラーハンガーというパーツを交換します)

修正後はこのようにチェーンが干渉しなくなりました。

今回の修理はエンドのみの修正でしたが、その後もシフトがスムーズにいかない場合はリアディレーラーの交換も必要となります。

エンドは転倒の衝撃で変形しますが、輪行などで輸送中におこることもあります。
エンドがまがることで走れなくなることもあるので、輪行の際はリアディレーラーをクッションなどで保護することをお忘れなく。

リアメカの調整をしても、どうも変速の調子悪いって方、一度ディレーラーやエンドが変形してないか、真後ろから見てみましょう!!


The following two tabs change content below.
鈴木 正夫

鈴木 正夫

サイクルセンターニシヤマ代表有限会社木曽サイクルセンター
東京都町田市の町田木曽団地名店街にある『サイクルセンターニシヤマ』の店主鈴木正夫です。ランドナー・スポルティーフなどの旅用のツーリング車を多種取り扱っています。趣味はアウトドア・写真・ギター、夢はオランダ周遊自転車旅です。