2019年モデルのアラヤ・ラレー展示会に行ってきました

先日は千代田区の科学技術館で開催された、2019年モデルのアラヤ・ラレー展示会に行ってまいりました。

とくに目あたらしいモデルは、アラヤでは『ディアゴナール DIA』がモデルチェンジし、ラレーでは『カールトンT CRT』が、あらたにカールトンシリーズにラインナップされました。
いままで好評だったTIAGRA搭載の『カールトンN CRN』は残念ながら、廃盤となります。

ラレーの来期モデルではSORA搭載モデルの『カールトンA CRA』が102,000円で、その一つ上の105モデルが、『カールトンF CRF』の173,000円になるので、中間的な価格のモデルがあったほうが、選択に幅があると思うのですが、これはメーカーサイドの方針なのでしかたがないですね。

展示会場の風景

アラヤでは『スワローランドナー RAN』は在庫にあるのみ継続で、RANの510㎜サイズは、いまのところ生産予定はないようです。
何とか継続してほしいものですが、パーツが手に入らない状態なのでいたし方ありません。
フレームだけでも販売してほしいところです。
各車種とも、若干ですが値上がりしています。

ほかにこまかいところで、ラレーでは105搭載モデルのCRF のサドルとバーテープカラーがホワイトからブラックに変わりました。
ボクのイメージとしてはフレームのデザインからして、いままでどおりのホワイトが合うと思うのですが……。
CRFのフレームカラーでアッシュグレイは廃盤です。
ラレーもアラヤ同様に、価格が上がっています。(CRCの10,000円が最高額。CRFは8,0000円のアップです)

 

では、モデルチェンジのアラヤDIAとニューモデルのラレーCRTについてです。

モデルチェンジのDIAはデュアルコントロールレバーを採用

アラヤのDIAは新しくなったCLARISを搭載して、Wレバーからデュアルコントロールレバーになり、ブレーキもキャリパーからカンチブレーキに変わってます。
また、新たにフレームサイズで460㎜が加わりました。
これで160センチ前後のかたでも、選択できるようになったのがいいですね。
展示会当日では、実車は見られませんでしたので、こちらのパンフを。

モデルチェンジのアヤラニューディアゴナール(DIA)

見ると、いままでのユニクラウンから、クラウン付きのフォークに変わっているところもいいですね。
発売は来年の4月下旬です。

カールトンシリーズにクラリス搭載モデルが登場

ラレーCRTはCLARISを搭載したツーリングロードのエントリーモデルといったところです。
リアセンターを長めにとっているところから、スピード重視というよりも、ツーリング向けの設計になっています。

ラレーのニューモデル、カールトンT(CRT)

カールトンTのカラーはバーンブラックとビンテージブルー

タイヤは700X28Cと太めを採用、スプロケットも11~32Tのワイドレシオです。
こちらは来年の2月下旬にリリースされます。

以上、ざっとアラヤ・ラレーの2019モデル展示会の模様をお伝えしました。
お店には2019モデルのカタログがありますので、ご覧になりたい方は、ぜひお越しください。
詳しくはその際にご説明しますので。


The following two tabs change content below.
鈴木 正夫

鈴木 正夫

サイクルセンターニシヤマ代表有限会社木曽サイクルセンター
東京都町田市の町田木曽団地名店街にある『サイクルセンターニシヤマ』の店主鈴木正夫です。ランドナー・スポルティーフなどの旅用のツーリング車を多種取り扱っています。趣味はアウトドア・写真・ギター、夢はオランダ周遊自転車旅です。