アラヤ ツーリストをキャンプツーリング仕様にカスタマイズ!!

アラヤツーリストといえば、税抜きの10万円以内で買えるランドナーとして、人気の高い自転車です。
きょうはこのツーリストを、キャンプツーリングモデルに、カスタマイズしましたのでご紹介します。

タイヤを650X35Cから38Cにひと回り太くしました

前後キャリアを取りつけた重装備のツーリングなると、まずはタイヤの太さが気になります。
そこでデフォルトの650X35Cを38Cにひと回り太くして、重さにも十分に耐えられるようにしました。
それに太目なら悪路にも安心です。

パナレーサー 650X38C コルディラヴィ

ツーリストは前泥除けのスペーサーをはずせば、38Cのタイヤにしても、クリアランスが十分にとれるようになっています。

スペーサーをはずした写真です

前後に日東のキャリアを取り付ける

フロントに信頼性の高い日東キャンピーフロントキャリア、リアもおなじく日東のMTキャンピーリアを装着しました。
後キャリアを前とおなじキャンピーにしなかったのは、できるだけコストを下げたかったのと、キャンプ泊での快適さを重視するために、パニアバッグで少しでも容量をふやしたかったからです。

日東キャンピーフロント

日東MTキャンピーリアR20

前後に日東キャンピーを装着

オーストリッチのバッグを4つ装着

オーストリッチのバッグを装着

ツーリストのキャンピング仕様の完成です。
これでフロントバッグ、前にサイドバッグが二つ、後にパニアバッグの両サイドで、総バッグ容量は90.5リットル。
これだけの容量があれば、テント泊のキャンプツーリングが可能です。
4つのバッグに入りきらないものは、リアキャリアの上にも載せることもできます。

アラヤツーリストのキャンプツーリングモデル

カスタマイズに使用したパーツ

○日東キャンピーフロント
○日東MTキャンピーリア R20
○オーストリッチ F-702 フロントバッグ (14.5L)
○オーストリッチ S-7 ターポリンサイドバッグ 2個 (37L)
○オーストリッチ P-225 パニアバッグ (39L)
○タイヤをパナレーサーの650X35Cから、おなじパナレーサーの650X38Cコルディラヴィに交換

◆こちらの商品に興味のある方は、当店のホームページからのお問い合わせフォーム
または下記のアドレスにメールください。SNSのメッセージでもお受けいたします。
machida@cc-nishiyama.com


The following two tabs change content below.
鈴木 正夫

鈴木 正夫

サイクルセンターニシヤマ代表有限会社木曽サイクルセンター
東京都町田市の町田木曽団地名店街にある『サイクルセンターニシヤマ』の店主鈴木正夫です。ランドナー・スポルティーフなどの旅用のツーリング車を多種取り扱っています。趣味はアウトドア・写真・ギター、夢はオランダ周遊自転車旅です。