キムラ製作所から『LH02型ライト』が新発売!!

きょうはキムラ製作所の新製品『LH02型ライト』をご紹介します。

サイズは、かつてのナショナル探検灯と、ほぼ同じ大きさ

探検ライトと聞いてなつかしむ方も、たくさんいらっしゃると思いますが、これとほぼ同じサイズです。

現行のキムラ製作所の製品で、いままで一番大きかったLH08D型と比べると、ひと回り太くなりました。
キャリアに取り付けた写真でもお分かりのように、ランドナーに合うライトはこれ以外にはない、と言っても過言ではありません。

LH08D型ライト(下)との比較

LH08D型ライト(左)との比較:LH08Dは6LEDLH02は8LED搭載

これでLH02型が新たにくわわり、二本ステイを使うライトはLH17 、LH07C、LH08Dの4種類になりました。
取り付ける自転車やキャリアに合わせてお選びください。

◆気になる性能は

○LH05C、LH07CやLH15/LH17等の小型ライトの2倍弱の明るさ(キムラ製作所比)
○電池の持ちは、エネループのような標準的な単3ニッケル水素電池で3時間
○エネループ単2電池で5時間、東芝のIMPULSE単2電池で6時間
○単3アルカリ乾電池で2時間、単2アルカリ乾電池で4時間
○単3リチウム乾電池で5時間

なお、マンガン乾電池は大電流向きではなく、すぐに暗くなるので不向きです。
長時間連続点灯が目的な場合は、東芝単2ニッケル水素電池を、それ以外は単3ニッケル水素電池+単2変換ケース(+予備の電池)のほうがオススメです。
ライト、自転車をめったに使わない場合は液漏れ防止のため、単3リチウム乾電池をご利用ください。

===========================

○LH02型ライト  13,500円(税込)
○取り付け用ステイ  1,050円(税込)

※ご注文、ご予約は当店のホームページから、Facebookやツイッターからのメッセージでも伺っております。
☆サイクルセンターニシヤマのホームページ http://cc-nishiyama.com/


The following two tabs change content below.
鈴木 正夫

鈴木 正夫

サイクルセンターニシヤマ代表有限会社木曽サイクルセンター
東京都町田市の町田木曽団地名店街にある『サイクルセンターニシヤマ』の店主鈴木正夫です。ランドナー・スポルティーフなどの旅用のツーリング車を多種取り扱っています。趣味はアウトドア・写真・ギター、夢はオランダ周遊自転車旅です。