ラレーのニューモデル「ラッドフォード ファッティ」入荷!!

ラレーのニューモデル「ラッドフォードファッティ RFF」がリリースされました。
ラレーの2020年ニューモデルは4車種ほど出ますが、そのうちの1車種です。
4車種のうち3車種はディスクブレーキを採用、クロスバイクでは2車種がこれに該当します。

これからはディスクブレーキが、主流になってくるのでしょうか……。
ディスクブレーキは悪路や雨天時でもしっかり効き、しかも油圧式なので軽い力でブレーキングができます。
重い荷物を積んだツーリングなどでは、下り坂でも心強い!!

ラレー「ラッドフォードファッティ RFF」460mm ディープグレー

ラッドフォードファッティのデザインは、現行のロードバイクCRFとおなじ、白帯のデザイン。
さらにブラウンカラーのサドルとグリップで、クラシカルな雰囲気がおしゃれで、かっこいい!!
クラシカルなバイクに、最新のパーツを組み込んだ、ラレー独自のデザインになってます。

砂利道でも走破できるタイヤ

700X40Cのタイヤ(左)。ラレーRFCに装着の25Cとの比較

ラレーラッドフォードクラシックとくらべ、かなり太いと感じる700X40Cのタイヤ。
700Cのタイヤなので装着できる太さはいろいろ選択でき、リム幅以上だったら細身のタイヤにも交換が可能。
ご自分の走りに合ったタイヤを選ぶことができます。

天候や走る環境に左右されない制動力のディスクブレーキ

さらにディスクブレーキを採用していることから、舗装路のみならず、砂利道での走行も考慮して作られているバイクなんです。

シマノ「BR-MT200 油圧式ディスクブレーキ」

オプションのフェンダーやセンタースタンドを取りつければ、自分好みのバイクにもカスタマイズできます。
フレームにはスタンドがしっかり固定できる台座が直付けされているので、使っているうちに位置がずれたりしないのがいい!!

センタースタンド用台座

 

 

街乗りから郊外の林道も走るツーリングを楽しみたい方におすすめ!!

今回入荷したのは、フレームサイズ460ミリでカラーはディープグレー。
ほかにサイズは520ミリがあり、カラーはミスルートカーキがラインナップされています。
興味のある方は、ぜひご来店ください。
お待ちしています!!

 

 


The following two tabs change content below.
鈴木 正夫

鈴木 正夫

サイクルセンターニシヤマ代表有限会社木曽サイクルセンター
東京都町田市の町田木曽団地名店街にある『サイクルセンターニシヤマ』の店主鈴木正夫です。ランドナー・スポルティーフなどの旅用のツーリング車を多種取り扱っています。趣味はアウトドア・写真・ギター、夢はオランダ周遊自転車旅です。