アラヤ エクセラスポルティーフが再入荷!

アラヤからエクセラスポルティーフが台数限定で再入荷しました。
たしか2、3年ほど前にラインナップからはずれた商品。
海外の代理店が少量ですが、在庫していたようです。

スポルティーフを一口に言うと、「スピードを楽しむ快走用のツーリング車」。
ロードバイクよりも車載能力が高く、ランドナーよりも軽快で速く走れる。
ロードバイクとランドナーを足して2で割った、中間的な存在と言えるでしょう。
ランドナーのようにヘビーな旅には向きませんが、フロントバッグやサドルバッグを装備することで、1~2泊の小旅行が可能です。

アラヤ エクセラスポルティーフ 510mm アイボリー

アラヤ エクセラスポルティーフ 550mm ブラウンブラック

エクセラスポルティーフのフレームを構成するパイプはカイセイ製。
カイセイは、現在では国内唯一のパイプメーカーです。

クロームモリブデン鋼を使ったパイプで、ランドナーやツーリングバイクにも多く採用されている 、”022 SPEED GALLANT„です。

細部までゆきとどいた加工

パイプを接続するラグはもちろんのこと、補強の加えられたエンドラグやボトルケージダボ、BB下のワイヤーリードなど、その美しさは工芸品を見ているようです。
BBのハート型の肉抜き加工が、しゃれてます。

妥協のないパーツの選択

クランクはスギノのマイティ―ツアーで、ハンドルバーやステム、付属のフロントキャリアは日東製、サドルはブルックスのB17スペシャルと、妥協のないパーツ構成です。

総重量は10.8キロ(510ミリ)、フェンダーとフロントキャリアをはずした基本重量は9.9キロで、ロードバイクにも匹敵する軽さです。

 

510ミリのアイボリーと550ミリのブラウンブラックが、各1台のみの入荷してきました。
シマノDURA-ACEのWレバーは廃盤、シルバー系のコンポは、シマノでは生産されなくなり、なかなか入手できない状態です。
もう二度と作れない名車、といっても過言ではありません。
スポルティーフに興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。

「走る喜び、所有する喜び」、体験しませんか!・・・。


The following two tabs change content below.

鈴木 正夫

サイクルセンターニシヤマ代表有限会社木曽サイクルセンター
東京都町田市の町田木曽団地名店街にある『サイクルセンターニシヤマ』の店主鈴木正夫です。ツーリング車をメインに多種取り扱っています。趣味はアウトドア・写真・ギター、夢はオランダ周遊自転車旅です。